5日経っても高濃度の水素水をキープする水素水サーバー

家庭用水素水サーバーを業務用としてレンタルするなら、どの水素水サーバーがメリットが多いでしょうか。費用で選ぶか、水素濃度で選ぶか。ウォーターサーバーより水素水サーバーを業務用として設置するにふさわしい場所とは。

5日経っても高濃度の水素水をキープする水素水サーバー > 水素水サーバーを業務用としてレンタルする

家庭用水素水サーバーを業務用としてレンタルするなら、どの水素水サーバーがメリットが多いでしょうか。費用で選ぶか、水素濃度で選ぶか。ウォーターサーバーより水素水サーバーを業務用として設置するにふさわしい場所とは。

水素水サーバー業務用に最適な機種の条件

水素水サーバーを職場に置いて福利厚生の一環として従業員に飲ませたい、顧客サービスとして水素水を提供したいとなった時、業務用の水素水サーバーとして最適な条件は何が必要でしょうか。

・レンタルか買取か
・レンタル時の費用(ランニングコスト)
・レンタルの時の契約期間
・買取価格
・水素濃度
・省スペース
・メンテナンスフリー

少なくとも、これぐらいの項目を比較して絞り込みたいですよね。業務用の水素水サーバーというのは明確には存在していないので、一般家庭用の水素水サーバーを代用することになります。業務用となると一般家庭レベルでの人数と使用量が違ってくるはずなので、それに対応できるかどうかも重要なポイントです。水素水を2リットル生成する度に、数分間の待ち時間が必要な仕様だったら業務用としては使いにくい面が出てくるかもしれません。

飲みたい時に飲めることが業務用の水素水サーバーには最低限、求められる条件でしょう。次いで水素濃度、費用という優先順位だとコスパも高いと思われます。今現在で業務用としておすすめできるのは、コチラです。

水素水サーバーが設置されている場所はスポーツジムや手技で体調を整える治療院などです。個人的にはエステサロンなどの女性客が多く集まる場所に、もっと設置台数が増えても良いのではないかと思っています。水素水に関しては医療的な効果や美容分野の効能について言及できませんが、水素自体は人体に良い影響を与えない悪玉活性酸素と結びついて水となって体外に排出される性質があります。水素水の評価はイマイチでも水素自体は身体に良い影響を与えるので、美容業界はもっち注目して欲しいですね。

水素水サーバーをレンタルするとなると、ランニングコストはウォーターサーバーよりは高くなります。相場としては毎月5,000円から8,000円の範囲で収まるとレンタルしやすいのではないでしょうか。長期のレンタルを想定しているのなら買取という選択肢もあります。10万円以上で買取なら減価償却できます。

ウォーターサーバーで水素水生成可能な機種

ウォーターサーバーの中にはオプションで水素水を生成するタイプに変更できる機種があります。水道水ウォーターサーバーのクールクーや宅配水ウォーターサーバーのアルピナウォーターです。

Cool Qoo 

アルピナウォーター

ウォーターサーバーとしてなら温水が使えますが、オプションとして水素水サーバーとして使用する場合、温水は使えず冷水だけになります。ただしアルピナウォーターに関しては、「気体過飽和式」による高性能水素生成器なので水素の溶存濃度は4.1ppmと、かなり水素が抜けにくい水素水になります。(一般社団法人長野県薬剤師会テスト済)しかもレンタル料金が圧倒的に安い、1,572円(税別)です。ここまでの格安レンタル料金は水素水サーバーにはありません。

アルピナウォーターは水道直結式ではないので、水の定期配送が必要になります。レンタル料金は1,572円(税別)ですが、水の購入費用が別途必要で、コミコミで1,572円(税別)ではないことを認識しておいてください。

水道直結式のクールクーも水素水が生成可能な仕様に変更してレンタルすることができます。クールクーも温水で水素水を出すようにはなっていません。水素水の溶存濃度は1.0ppmと高い水準になっていますが、アルピナウォーターほどではありません。レンタル料金もやや高めの月額9,000円(税別)です。ウォーターサーバーとしてクールクーを使うとしても、水素水サーバーとしては、少々、導入が難しいレンタル料金なのが気がかりですね。

基本的に水素水は、水素水専用のサーバーをレンタルする方がお得かもしれません。あくまでも参考としてウォーターサーバーから水素水が生成でる機種を紹介しましたが、理想的なのはウォーターサーバー1台で、温水、冷水、水素水が使えるようになるといいですね。1台で何役もこなすウォーターサーバーの開発を待つことにしましょう。

それまでは水素水サーバーのみの設置、またはウォーターサーバーを設置して水素水は個装タイプの市販品を購入という組合せで対応するしかないですね。

水素水サーバーの業務用と家庭用の違い

水素水サーバーには業務用や家庭用という区分けは、厳密には聞いたことはありませんし、実際に無いと思います。レンタル的が一般家庭か事業所かという程度の違いで、機能や仕様には違いははありません。まだ業務用として水素水サーバーが設置されているのスポーツジムぐらいですが、将来、水素水が医療、健康、美容領域に、何らかの効果が得られることが立証されれば、爆発的に広がりを見せるのではないでしょうか。

今のところは医療、健康、美容領域に期待感を持たせる清涼飲料水というポジションだとしても不思議ではありません。水素水に効果を実証するものがなくても、水素自体の働きは悪いものではありません。水素の性質は、老化現象の原因となっている悪玉活性酸素と結びついて、水となって体外に排出します。故に水素水もアンチエイジングに作用するのではないかと期待されているわけです。

水素はもっとも小さい元素なので身体の隅々に行き渡ります。人体の奥まで入り込んだ悪玉活性酸素も水素がキャッチして水なって体外に排出しますから、美容に影響や効果を有するという事が証明されれば、瞬く間に水素水は人気を得るものと思います。今でも美容への良い影響を期待して水素水を飲んでいる女性は多いです。

医療現場では「水素医療」という考え方があって、悪玉活性酸素が体内に増えすぎるのは良くないのなら、日常的に水素を体内に取り入れて悪玉活性酸素を抑えて、病気のリスクに備えようとする動きはあるようです。水素を取り入れるには、水素水サーバーで高濃度の水素水を生成して飲む方法と、水素風呂で身体全体から取り入れる方法が主流です。水素風呂と水素水のダブルアプローチが最強ということでしょうか。

ちなみに水素水サーバーで生成した水素水を、出来たての高濃度水素水だからと言って、風呂に足しても意味がありません。家庭で水素風呂を楽しむための発生器を使う必要があります。水素風呂発生器はレンタルできますよ。

水素ライフ レンタル 

業務用なら買取も視野に水素水サーバーをレンタル

業務用として水素水サーバーをレンタルする場合、長期になると、レンタル料金の支払いが、そもそもの水素水サーバーの価格(製造原価や販売価格他)を上回る時がきます。損益分岐ではありませんが、価格からするとランニングコストはもう払わなくても良い時期が到来するのですが、自己所有ではないので、レンタル料金を支払い続けなければなりません。それがレンタルのデメリットですね。レンタルして数年が経過した時点で現物を買取することで、長期利用による過剰な投資を防ぐことが出来ます。

水素水サーバーで買取に対応しているのは、多くないですが、こちらのアンケートによる関心が高い水素水サーバーランキングの中では、買取可能な水素水サーバーがあります。

H2ガウラはレンタルと買取に対応していて、ピュアラスミニは買取のみです。家庭用としてもクレジットカードによる分割払いに応じていますので、レンタルにような感覚で購入可能です。業務用なら買取価格を見ると減価償却が可能な金額なので長期利用を考えるのなら買取も費用を抑える方法ではありますね。ピュアラスミニは病院やクリニックへの導入実績が多いので、かなり信頼性が高い水素水生成器です。

H2ガウラはレンタル料金が3年と2年では毎月の費用負担が違います。

・3年契約 月額5,980円(税別)
・2年契約 月額6,980円(税別)

買取の価格が198,000円(税別)ですから、初回レンタル期間を過ぎて継続レンタルするなら、現物を買取するなり、予め長期利用を見越して最初から買取して自己所有にしておいた方がトータルで費用負担が軽くなります。H2ガウラも減価償却可能です。家庭用でもクレジットカードで分割払いに応じています。

レンタルにするか買取してしまうかは考え方次第ですが、仮に引っ越しや設置場所移動という事態になると、レンタル期間中なら、引っ越しや設置場所移動のための連絡はもちろん、撤去、移設、運搬、再設置などの作業に費用の請求が発生することがあります。それぞれ対応が違うので、それぞれ公式サイトから詳細は確認してください。