5日経っても高濃度の水素水をキープする水素水生成器

水素は宇宙で最も分子量が小さい物質。体内に取り入れると活性酸素(身体のサビ)を除去するのが特徴。高濃度水素水を作り出す水素水サーバーを使って美容効果を得るための飲み方や1日に必要な量とタイミングを提案。

5日経っても高濃度の水素水をキープする水素水生成器 > 水素水で美容効果を実感しやすい飲み方を提案

水素は宇宙で最も分子量が小さい物質。体内に取り入れると活性酸素(身体のサビ)を除去するのが特徴。高濃度水素水を作り出す水素水サーバーを使って美容効果を得るための飲み方や1日に必要な量とタイミングを提案。

高濃度水素水で美容効果を得る飲み方

美肌

水素水は老化原因の活性酸素の除去と水分補給が一度に出来る水と考えると、ブームは去ったかもしれませんが、伸びしろのある飲料水です。アンチエイジングや美容効果には欠かせない飲み物になるかもという期待もあります。水素水は肌の紫外線ダメージ軽減と不足しがちな水分の補給を同時にできるので美容効果も見込めるんですよね。特に女性は飲む価値を感じるのではないでしょうか。

ちなみに活性酸素を除去するのは水素水だけではありません。抗酸化力があるのは、

・コエンザイムQ10
・ビタミンC
・ビタミンE
・βカロチン
・ポリフェノール
・カテキン

などがありますが、水素がこれらの分子より飛びぬけて小さいので身体の隅々に行き届きやすく、全細胞の中まで活性酸素を除去できるからこそ、水素水は常用の飲料水として女性におすすめです。

また、脳の活性酸素も除去することを期待てして、アルツハイマー病の予防目的で、水素水を常用する方も増えてます。日本医科大学ではマウスを使った動物実験で認知症の予防に成功していますので、それを知ってて取り入れる人がいてもおかしくはないです。そもそも効果は個人差がありますし、効果が現れなくても人体には無害どころか、余分な活性酸素を除去するだけでも健康的です。

水素水の飲み方のポイントは、体内に取り込める量を知る事です。体験談やクチコミでも重要視され、一般的にも関心が高いのは「水素水の効果」と「水素水の飲み方」ですが、取り込む量も大事です。一般的に水素水に含まれる20%が体内に残ります。活性酸素の量に応じて取り込まれる量も変化します。活性酸素と結びついて除去する効能があるためです。

更に飲み方のタイミングも知ると良いです。特に運動や紫外線を浴びた後、つまり活性酸素が増えるタイミングで飲むのがベストな飲み方です。スポーツジムに水素水サーバーが置いてあることは実は合理的な意味があったんですね。しかし、きっちりと、そのタイミングで飲む必要はありません。常用の飲料水として普通に飲んでもかまわないのです。

水素水を存分に飲む方法

美容効果が出るまでの水素水を飲む期間

水素水をやみくもに大量に飲んでも、取り込まれる量は活性酸素の量に左右されます。無理なくムダなく摂取するには1日2.0mgを目安にすると、効果も期待できるという情報もあります。過去に水素水生成器を前にして水素水のレクチャーを受けましたが、効果的な飲み方を模索することがメインの議題となりました。

まず、基本的な事からおさらいです。水素水の濃度は「ppm」「ppb」で表示されます。
・1ppm=1000ppb
・1ppm=1リットルに1mg=1mg/L
という単位の関係を知っておくと、表示上の濃度を知ることが出来ます。仮に1日2.0mgを摂取するには、濃度1.0ppmなら2リットル必要です。

例えば、7.0ppmの濃度なら、約300mlを飲めば理論上は十分に足りる計算です。一度に飲んでもいいですし、数回に分ける飲み方もあります。

次に効果が出るまでの期間の目安も重要です。医学的なエビデンスがありませんので個人目標レベルでしかないですが、効果を体感したいなら、1ヶ月、3ヶ月、半年というスパンで客観的に変化を感じたかどうかをチェックするしかありません。水素水を1パック飲んだからと言って早々に効果が出るはずはありません。身体に馴染ませる感覚で、水素水の効果を期待する飲み方を習慣化すれば、何らかの変化に気づくでしょう。

習慣化のコツは、ルーティン化することです。例えば、職場に出かける前に一杯、昼食や休憩時間に持参できなければ帰宅後に一杯などです。元々は起き抜け一杯は水道水でも便秘解消に一役買いますから、仮に水素水の効果ではなくても体調が悪くなる方向には向かないはずです。特に水道水を使う水素水サーバーのバイオシスは、浄水と水素水を別々に生成できるので気分で切り替えてもいいぐらいの気楽な気持ちで取り組めます。

ちなみに、体内の水分量が少ない人は肥満率が高まるので、水分を十分に取ることはダイエットにも好影響になりますよ。

水素水の効果を実感しない人の飲み方

アンチエイジングなど美容目的で水素水を飲み始めると、効果を実感する人と実感しない人が出てきます。特に効果を実感しない人には共通点があることがアンケートでわかりました。

【水素水の効果が出ない人の共通点】
1.飲む期間が極端に短い
2.飲む量が極端に少ない
3.水素水について絶対的な期待を持つ
4.水素水がデリケートな飲料水である事を知らない
5.肌トラブルなどに無縁で美容改善効果の伸びしろがない
6.自己流の飲み方を実践していた
7.飲んでなかった

水素水を飲む期間や飲む量が少ないと、効果が出てくる前に「効果が無かった」となりがちです。1ヶ月ぐらいで結果が出ると期待している人が多く、過度に水素水に期待を持ち過ぎなのではないかという印象です。水素水は「美容の魔法水」のように思っている人も挫折が早い傾向です。水素水で炊飯している人もいましたが、沸騰させるとタダの水になるので、普通の美味しいごはんが炊きあがるだけです。

元々、スキンケア知識もバッチリで紫外線対策も十分、元気いっぱいの人は美容効果は実感しにくいので、水素水は美容のためというよりは、口当たりやノドごしが気に入っている傾向もあります。運動で汗をかいた後の一杯が身体に染み込むようで心地よいという人もいました。さすがに独自の飲み方を実践すると効果は出ないようですね。例えば、そうめんに使ったけどダメだったとか、それは飲んでないじゃんって言いたくなります。常温で飲むのが推奨されているんですけどね。

水素水は水分補給と活性酸素の除去の一石二鳥の飲み物なので、毎日のルーティーンとしてコップ2.3杯を朝、晩、就寝前と決めた飲み方を実践する方が、体調に何らかの良い影響がもたらされるのではないでしょうか。

稀に「水素水を飲み過ぎると逆に良くないのか、副作用はあるのか」という疑問が湧いてくると思いますが、クチコミ等では飲み過ぎても何ら悪い影響は無いという意見が多いですね。ダメージがあるとしたら水素水を購入する費用です。ただし水素水サーバーだと定額なので飲み過ぎても身体と家計にはダメージはありません。仮に体内に水素が採り込まれたとしても、活用されなかった水素は呼気に交じって体外に排出されます。

水素水の飲み方を守れば効果も早まる

水素水がアンチエイジングや美容効果が得られることは、個人の体験ベースですが既に常識になりつつあります。医学的な根拠が乏しいのは残念ですが、これから医学の面で活用ができるよう研究されていくのではないでしょうか。水素水の効能は学術論文でも紫外線対策に一定の効果があること等は既に発表されているので、アンチエイジングや美容への効果は期待したいですよね。

常用飲料水として水素水を長く飲み続ければ、楽にアンチエイジングや美容効果もキープし続けられる可能性を信じたいですね。

改めて水素水を選ぶなら、どういう時に飲みたいか、飲み方を考えながら水素水に関連する製品、濃度や費用をチェックすればいいだけです。スティックタイプ、生成器タイプ、アルミパウチ(缶)タイプ、サーバータイプとありますが、手軽な飲み方が出来る目線では、

◎アルミパウチ・・・既に出来上がっているからサッと飲める
○スティック・・・少し手間が居るが高濃度
●生成器・・・機種によっては濃度が物足りない
▲サーバー・・・自宅や設置場所でしか飲めない

になります。

費用対効果や水素水の濃度、残存量という面からすると、オススメ順は、

◎サーバー・・・定額レンタル料金で飲み放題「バイオシス」等がおすすめ
〇アルミパウチ・・・定期的にまとめ購入が必要だか手軽に飲める
●スティック・・・定期的にまとめ購入が必要で生成に時間がかかる
▲生成器・・・買い切りでランニングコストはゼロだが常温のみ

水素水は濃度と品質持続が第一なので水素水サーバーがイチオシです。スティックタイプとアルミパウチタイプは、通販で定期配送という方法が楽ですが、年間を通して考えると割高です。水素水サーバータイプは初期費用か掛かりますが、レンタル料金が定額で飲み放題、しかも水素濃度が5日間も持続するバイオシスの登場で一気にコスパが良くなりました。世界初のフィル方式という点も魅力です。

ポータブルな生成器タイプなら、買い切りで飲み放題ですが、一回の生成量が少なく、生成時間も必要ですし、濃度に満足できない機種もあります。スティックタイプやアルミパウチタイプはゴミ処理も必要ですし、保管場所も取られます。